労働と権利

残業代請求するときはしっかり弁護士に相談しましょう|残業代請求.net
法律の問題に悩んでいるのなら頼ってみて下さいね。|彩の街法律事務所

「労働と権利」というテーマを引っ張りだしてきましょう――僕たち日本人にとっては、ちょっと苦手なテーマかもしれない。
労働者が働くということと、労働者が持っている、保証されている――保証されているべき権利との齟齬、みたいなものが取り沙汰されるようになり、弁護士事務所の法律相談に持ち込まれたり、メディアで取り上げられたりするようになった今でも。
労働者が権利を主張する、ということについて、何となく生理的な抑制が働く、みたいな不思議な空気があるのが我が国です。

おかしな話ですが、ほんの最近まで、残業代の出ない残業、いわゆるサービス残業というのは当たり前のこととして行われていました。
近代以後の社会に芽生え、定着し、強く言われるようになった労働者の権利が、「先進国」と言われながら、日本だけが何となく置いてけぼりをくっている感が、ずっとあったようです。
会社で働いている人の中には、残業代請求が可能である、ということも知らない人もいたりするようです。

世の中にはさまざまな会社があり、労働者の権利について、しっかりした就業規則を持ち、意識も高く、残業があればきちんと残業代が発生し……というまともなところも多くありますが、労働条件的に「黒い」会社が話題に上ったりということが多くなったのも現代社会の先端的なトピックのひとつでしょう。
残業代請求にまつわる云々というのもそのひとつで、弁護士に相談に行くという人も多くなっているようです。
というわけで、残業代請求の方法――きちんと社会的に保証されている権利の行使について、ここでは取り上げたいと思います。
このお話は、就業規則や法律や、さまざまな決まりごとを参照していく中で、次第にハッキリしてきます。

刑事事件の問題は弁護士に|森法律事務所
大阪エリアなら任せて下さい。就業規則でお困りなら|岡本社会保険労務士事務所
不当解雇による弁護士へのご相談はこちらにお任せ!|森法律事務所

カレンダー
2014年7月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031