弁護士が刑事事件を即解決する方法を伝受|快決への道

男性

法律のプロ

女性

弁護士というのは法律の専門家で、社会の中で発生するさまざまなトラブルに、豊富な法律的な知識をもとに解決を図っていく、という仕事をしています。僕たちの生活というのは、何をするにしても――お菓子が食べたくなってコンビニに行って買い物をする、みたいなちょっとした用事を済ませる中にも至るところに法律が関わっていて、自転車に乗ってコンビニに向かうときには交通の、レジに並んだときにはモノの売買の、さまざまな法律が関係してくるわけです。
自転車に乗っているとき、レジに並んでいるとき、いろんな理由から通行人とかコンビニの店員さんとかほかのお客さんとかとトラブルが起きた場合には、それぞれの法律をもとに、どちらに非があるか、どんな責任があるか、どんな解決策があるかが見出され、決められていくのです。

これらのトラブルを解決するときに弁護士が最終的に行なう仕事というのは何かと言えば、書類を作成してトラブルを収束させるか、法律の執行機関に話を持ち込むか、の二つになります。自転車とクルマがぶつかったときには、当事者同士の話し合いの結果、非を認める、責任を認める、補償を行なう、というようなそれぞれの対応が決まったら、そのことを法律的に確かな解決として証拠づけるための契約書をまとめます。
書類の作成です。当事者同士の弁護士を交えた話し合いは示談といいますが、示談契約書の作成というのが、トラブル解決のひとつの方向です。

もうひとつ、法律の執行機関にことを持ち込む、ということ。執行機関というのは、僕たちの耳に慣れた用語的には、裁判所と呼ばれるところです。もし当事者同士で話の解決がなされないときには、そのトラブルについてのデータをまとめて裁判所に提出して、そこで法の目を交えた話し合いが行われ、執行機関からの判断がくだされることになるのです。
この二通りの方法は、残業代請求を行なうという場合にも当てはまります。弁護士は僕たちとともに、僕たちと会社という当事者同士の話し合いによる解決と、話を裁判所に持ち込むという二通りの方法で、望む請求を行なうサポートをしてくれるわけです。